AtCoder Beginner Contest 042

A - 和風いろはちゃんイージー / Iroha and Haiku (ABC Edition)


Time limit時間制限 : 2sec / Memory limitメモリ制限 : 256MB

配点 : 100

問題文

日本の誇る美しいリズムとして、五七五というものがあります。いろはちゃんは五七五が大好きです。

3 つの文節の並びの長さがそれぞれ 5,7,5 となるようにこの順番で並んでいるとき、その 3 つの文節の並びは五七五であると言います。

並び替えたい 3 つの文節の長さを表す整数 A,B,C が与えられるので、それらの文節を並び替えて五七五にできるか判定してください。

制約

  • 1≦A,B,C≦10

入力

入力は以下の形式で標準入力から与えられる。

A B C

出力

文節の並びを五七五にすることができるなら YES 、そうでないなら NO を出力せよ。


入力例 1

5 5 7

出力例 1

YES

与えられる文節の長さはそれぞれ 5,5,7 であり、5,7,5 となるように文節を並び替えることができます。したがって、文節の並びを五七五にすることは可能といえます。


入力例 2

7 7 5

出力例 2

NO

Score : 100 points

Problem Statement

Iroha loves Haiku. Haiku is a short form of Japanese poetry. A Haiku consists of three phrases with 5, 7 and 5 syllables, in this order.

To create a Haiku, Iroha has come up with three different phrases. These phrases have A, B and C syllables, respectively. Determine whether she can construct a Haiku by using each of the phrases once, in some order.

Constraints

  • 1≦A,B,C≦10

Input

The input is given from Standard Input in the following format:

A B C

Output

If it is possible to construct a Haiku by using each of the phrases once, print YES (case-sensitive). Otherwise, print NO.


Sample Input 1

5 5 7

Sample Output 1

YES

Using three phrases of length 5, 5 and 7, it is possible to construct a Haiku.


Sample Input 2

7 7 5

Sample Output 2

NO

Submit提出する